契約

仲介手数料って、業者によって変わるの?

答えは……

仲介手数料はお客様から頂く成功報酬です。借主、貸主から合わせて家賃1ヶ月分となります!

賃貸業者にとって大事な仲介手数料。
ぼったくり常習犯の業者はここで儲けたりしています笑

今ではずいぶん少なくなったのですが昔は法律を完全に無視して
「広告費が〜」なんて言い分を盾に家賃の2カ月分を取ってた業者もあるくらいです

(冷静になって考えて広告費をお客様に請求するなんて言語道断!)

今では、基本的には法外な請求はせず法律通りに請求しているところがほとんどですが、
実はこの仲介手数料って法律の抜け道があるんです。

ここが変だよ、仲介手数料

仲介手数料の法律は宅建業法で以下のように決まっています。

宅地建物取引業法 第46条
第1項 宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買、交換又は貸借の代理又は媒介に関して受けることのできる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによる。
第2項 宅地建物取引業者は、前項の額をこえて報酬を受けてはならない。
第1項の『国土交通大臣の定め』とは、次の「建設省告示第1552号第四」のことです。
第四 貸借の媒介に関する報酬の額
宅地建物取引業者が宅地又は建物の貸借の媒介に関して依頼者の双方から受けることのできる報酬の額(当該媒介に係る消費税等相当額を含む)の合計額は、当該宅地又は建物の借賃の一月分の1.1倍に相当する金額以内とする。この場合において、居住の用に供する建物の賃貸借の媒介に関して依頼者の一方から受けることのできる報酬の額は、当該媒介の依頼を受けるに当たって当該依頼者の承諾を得ている場合を除き、借賃の一月分の0.55倍に相当する金額以内とする。

 なんだか難しく書いてありますが、抑えるべきポイントは黄色でマーカーしている
「承諾を得ている場合を除き、借賃の一月分の0.55倍に相当する金額以内とする」という文章。

法律的には借主と貸主との合算で「賃料の1カ月分+消費税10%」が最大で請求できる手数料になるのですが、
ずる賢い業者の手口として「いや〜貸主からウチもらってないので1カ月分もらえないと赤字なんですよ〜」なんて言い、借主から満額もらうやり方があったりします。それでもしもサインしてしまったら、後から何か言っても法律を盾に「合意しましたよね??」なんて迫ってくる厄介パターンも。

貸主からもらってないのなんて「あんたの業者はボランティアか?」って思ったりするし、そもそも法律守れよ!って思います。

今後賃貸を契約する場面では必ず仲介手数料の金額を確認して「1か月+税」なんて書かれてたら「0.5ヶ月+税」しか払いません!といいましょう!大抵の業者は金額修正してくれますし、

「では借りなくていいです、貸せません」なんて言う業者もいますが、決して怯まず、そんな業者はクソなのでさっさと退店して別の業者で契約するのがいいです笑

結構、賃貸業界はぼったくりが多かったりするので注意が必要だったりします。

その他の関連記事

その他の関連事業

レーヴエステートでは不動産事業以外にも様々な事業を展開しております。