契約

アパートとマンションの違いってなに?

答えは……

だいたいの定義が、木造・軽量鉄骨造で2階までがアパート。鉄骨造以上で3階以上がマンションです。

答えで明確に書いてはいるのですが、答えはないと言うのが本音です!

法的にも「マンション?アパート?どっちでもいいよ〜」って感じなので、
貸主だったり、不動産会社の方々が結構雰囲気で決めている場合がほとんど。

一般的には、答えで書いたみたいに、
木造・軽量鉄骨造で2階までがアパート。鉄骨造以上で3階以上がマンション。

っていう感じで伝えられるのが多いです。

ただ、世間一般的には「アパートに住んでる」っていうよりも
「マンションに住んでる!」って言った方が少しだけ良いところに住んでるって思われる傾向にあるので、世間体とか気にするのであれば3階以上のマンションと呼ばれるモノに住んだ方が良さそう。

実際、アパートの方がオーナー側としても安く建てられるので資産価値が低くなりやすい傾向にあります。

その他の関連記事

その他の関連事業

レーヴエステートでは不動産事業以外にも様々な事業を展開しております。