契約

リフォームとリノベーションって、一緒の意味??

答えは……

リフォームは小規模の工事。リノベ―ションは大規模な工事なので、費用も規模も違います。

意味を混合しやすいリフォームとリノベーション。
この2つの違いは何かと言えば規模の大きさが挙げられます。

最近では結構表現の線引きが曖昧になっていますが、あえて線引きするのであれば

元通りにする工事か?元通り以上にする工事か?
新築時の状態に戻すのがリフォームで、修理ではなく何か付加価値をリノベーションということがほとんどです

2つを比較してみると、

  リフォーム リノベーション
工事費用 安い 高い(新築を建てるよりは安価)
工事期間 短い 長い
希望物件数 少ない 多い
自由度 既存の構造に依存するので低い 物件の基礎以外を変えられるので高い
物件の資産価値 やや低い 高い

物件の状態や状況に合わせてリフォームかリノベーションか選択するのが望ましいです。
構造が気にいるのであればリフォームで良いですし、趣味の部屋がないから嫌!というように理想のライフスタイルを描けないのであれば思い切ってリノベーションがいいかなと思います。

 

私の個人的には「リノベーションした!」と聞くとかなりテンションが上がります。
できることならば実際にリノベーションした物件を見せてもらって間違い探しをしたいです笑

「え?!ここまで変わるの?」って驚きが毎回ありますし、
此処のこだわりポイントとかがあって見てて単純に面白いです。

 

もしも、リノベーション済の物件が賃貸が一度見てみるといいかもしれません!色々な発見がありますよ。

 

その他の関連記事

その他の関連事業

レーヴエステートでは不動産事業以外にも様々な事業を展開しております。